年齢のせいか仏壇に手を合わせると、落ち着くようになりました。

実家に帰省している間は、何度か仏壇に手を合わせます。

まず玄関を入ったその足で仏壇の前まで行き、

「帰ってきましたよ。」と先祖に報告し、心ばかりのお供え物を置きます。

それから母の手作りの食事を戴きながら、家族と世間話をします。

お盆やお正月には、どこのご家庭でも見かけられる光景ではないでしょうか。

それから実家に泊まる数日間は、朝起きるとすぐに仏壇の前に座り、

手を合わせてから一日をスタートさせます。

仏壇の花が枯れそうになると、庭の花を摘み新しい花に変えます。

ご飯も自分から進んで供えにいきます。

帰省した娘の役割かもしれません。

普段は仏壇のない暮らしをしています。

でも年に数回でも、こうして仏壇を意識した生活をしていると、

心が落ち着きます。

位牌を拝んで、先祖の事を色々考えたりもします。

家族から伝え聞いている、曾爺さんや曾婆さんの性格などを思い出し、

一人で思い出し笑いをしたり、しんみりしたり…。

昔は仏壇の前には、全く座ったことがなかったのですから不思議なものです。

そんな風に過ごして、また都会の暮らしに戻ります。

年齢のせいかいつの間にか、心の拠り所になっているのかもしれません。

●年齢のせいか仏壇に手を合わせると、落ち着くようになりました。

実家に帰省している間は、何度か仏壇に手を合わせます。

まず玄関を入ったその足で仏壇の前まで行き、

「帰ってきましたよ。」と先祖に報告し、心ばかりのお供え物を置きます。

それから母の手作りの食事を戴きながら、家族と世間話をします。

お盆やお正月には、どこのご家庭でも見かけられる光景ではないでしょうか。

それから実家に泊まる数日間は、朝起きるとすぐに仏壇の前に座り、

手を合わせてから一日をスタートさせます。

グラセコストアのコーティングキットで仏壇を綺麗にすることもできます。

仏壇の花が枯れそうになると、庭の花を摘み新しい花に変えます。

ご飯も自分から進んで供えにいきます。

帰省した娘の役割かもしれません。

普段は仏壇のない暮らしをしています。

でも年に数回でも、こうして仏壇を意識した生活をしていると、

心が落ち着きます。

位牌を拝んで、先祖の事を色々考えたりもします。

家族から伝え聞いている、曾爺さんや曾婆さんの性格などを思い出し、

一人で思い出し笑いをしたり、しんみりしたり…。

昔は仏壇の前には、全く座ったことがなかったのですから不思議なものです。

そんな風に過ごして、また都会の暮らしに戻ります。

年齢のせいかいつの間にか、心の拠り所になっているのかもしれません。

仏壇

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする